CB125T フロントフォークオーバーホール

この車体がやってきた時から色々と微妙なモンを感じていたのですが、キャブとか大物が多くて延期していたこの作業…ようやく取り掛かるコトに。

ちょうどフロントタイヤのタイヤ交換を行うタイミングになったので、ホイール外して持ち込みで交換してもらい、それはそのまま脇に立てかけておいて、フォークをバラすコトにしました。

色々準備するものがありましたが、今回一番のネタはたぶんコレ(笑)。以前から、使う機会があればと思ってた奴です。安くて使い捨てに出来て、それなりに強度もあります。

作業手順は概ねサービスマニュアルの通りですが、デカい万力がないので、ちょっと違う手法を…まずオイルロックボルトに関しては、フォークトップとかバラす前に緩めます。フォークを三又から抜いたら、クッションを敷いてボトムケースを床に押し付け、慎重にオイルロックボルトを緩めます。この段階では全部抜かず、半周するぐらいでOK。

次に、インナーパイプを三又に少しだけ戻して三又のクランプボルトを締め、フォークトップを回して除去します。バネが飛び出てくるので要注意ですね。

で、再度三又からフォークを外し、用意しておいた上記のトレイに中身をブチまけ、その後にオイルロックボルトを全部緩めてインナーパイプを分離します。バラした部品は全部オイルリムーバーで洗浄ですね。

今回のは両方とも底にヘドロが溜まってたせいで、オイルロックピースやボルトは酷いコトに(^_^;)。

しかも、なぜか吐き出させたオイルの色が左右で違う…コレ、前のオーナーは何やってたんだろ…オマケにスプリングは上下逆に組んであるし…。

そんなこんなで全部分解し、一旦トレイに並べておきます。インナーパイプは、保護のために古い靴下を履かせてあります(笑)。これ、ウエスにもなるし結構イイんですよね。そのために白い靴下をメインにしてるぐらいで(^_^;)。

ボトムケースがないのは、脱脂した上で塗装するために部屋へ移動させたからです。こっちは最終的に二液ウレタンスプレーで塗装の予定っす。あの塗膜の強度は最高ですから…。塗るのがチと手間ですけど(笑)。

あと、専用工具を発掘してきました。昔から使ってるストレートの奴。オイルシールを打ち込むための専用工具ですね。

で、塗料関係の発注を済ませて今日はオシマイ。オイルシールを抑えるバネがサビサビだったので、これも新品を発注しました。次は塗料が到着してからやな。

(2019/11/19追記)

塗料が到着したので、早速作業を行う。すでに油分は落としてあるので、軽くマスキングしてから改めて軽く脱脂し、まずはミッチャクロンマルチを吹く。これはクリアなので、どこまで吹いたのかのチェックがチと大変だけど、軽く吹いてあれば問題ないらしいので、さっと吹く。

あ、これはコネタだけどマスキングする時には古いダストカバーを引っ掛ける程度に取り付けておくと、開口部のマスキングが超ラクになるよ。どうせ捨てるモンなので、最後のお役目やな。

次にプラサフを吹いて、実際に問題なく下地ができているかを確認する。今回は二液混合のウレタンスプレーなので、ソレを吹く段階ではもうハジキとかあったらマズイので、この段階で問題がないかどうかを確認する。全体にプラサフがキチンと付着できていればオケ。

で、この状態で一晩放置して乾燥させ、次に二液混合型のウレタンスプレーを吹く。コイツは時間制限があるので、さっさと吹いていく必要がある。せっかくなので、他の機種のメーターケースとか色々同時に吹いてしまい、概ねスプレーを使い切った。

さて、この状態でまた一晩放置やな。明日には組み付けできるかしら…

(2019/11/22追記)

ちょっと記載が遅くなったけど、全て組み上げてみた。

やっぱフォークボトムは黒が似合うな…結構塗装にチョンボが発生してて、アッチコッチタッチアップするハメになったけど(号泣)。

で、早速柏の某店まで行ってみた。うん、フロントがシッカリしてくれたおかげて超走りやすい。イニシャルアジャスタ入れた時点で10mmぐらい押し込まれてるのも効いてる感じがする。

とりあえず、フロントフォークについてはこれで一旦終了やな。

Zak について

基本的にヲタクです。いや、別に萌えとかいうのではなく、ハマるとトコトン進めようとする癖があるので、自制が必要だという…。
カテゴリー: CB-T, 乗り物, 単車 パーマリンク