CB125Tのキャブ調整(継続中)

派手なエアクリボックスを除去する以上、当然燃調も変わってくるので、ココではソレ関連の記録をつけていくコトにする。

現時点では、まだバッテリケースが完成していないので、とりあえずゴミ除けも兼ねてパワーフィルタを取り付けただけの状態なんだが、これ、際どいってモンぢゃねぇな(笑)。

選んだのはキジマのパワーフィルタで、φ49mmのもの。キャブ側は実測で50mm程度あったんだけど、実際にハメこむと割と簡単に入る。ただし、エンジン側を一度緩め、軽くキャブ後方を持ち上げてやらないと入らない。その後、全部締め込んでしまえば一応問題はないっぽいんだけどね。

CB125Tのキャブピッチは実測で約64mmしかない。ネットで寸法を調べる限り、そこそこ大きめの形状といえばオーバルテーパーしかなく、オーバルテーパーのベース部分の寸法を見ていくと大半が70mm以上あってそのままでは入らない。今の所、唯一コレだけがスンナリ入るのよな。

オーバルタイプは通常取付口がオフセットしているのだが、今回の場合は取付口を下側に…つまり、パワーフィルター本体は上にオフセットするように取り付ける必要がある。また、バンド固定ネジは取付口の下側にしないと入らない。全くこの辺には余裕がないので要注意やね。

さて、現段階のセッティングはまだノーマルのままなので、メイン#88、スロー#35のまま。さすがにこのままではヤヴァいと思われるので、走り出す前にまずはメインだけ#105にアップする予定。ストックを探してきたところ、#95、#100、#105、#110がそれぞれペアで見つかったので、まずは割と濃い方からって感じかな。

(2019/08/15追記)

エンジン掛かるようになってから、なぜか妙に張り付きの症状(アクセルオフで回転が落ちないどころか、むしろ上がったりする)が見られたのだが、一旦外して確認してみると…スロットルバルブが時々引っかかって落ちてこないコトがあるようだ。これはセッティング以前の問題やな。ピストンバルブの表面のコーティングがかなり剥がれてるトコがあって、どうもソコが簡単に張り付くらしい。

が、当然すでにこの部品は廃番だ。仕方がないので、オクで中国製のピストンバルブを発注。あと、先にメインジェットを#105に交換しておく。どうなるコトやら…

(2019/08/24追記)

いくつかの作業を終えて、やっと落ち着けたので記載。まず中国製のピストンバルブを導入してみた件だが、残念ながら症状の改善はあったものの、完調にはならなかった。写真の左が新品、右が純正のダメな奴。

当該ピストンバルブは、組んでみるとニードルが少し下目にセットされてしまうようで、一番上げ目にしてもまだ元のニードルよりも少し長い。

ちなみに、元のバルブはもうこんなコトになってて、これがシリンダーに貼り付いて見事に引っかかる。これはさすがにもうダメよね。

で、このバルブをキャブに組み込むのだが、ここで面白いコトに気づいた。古い方は持ち上げた状態で落ちてこないのだが、新しい方は下から指で支えてないと落ちてしまう。なるほど、こんなトコにも劣化があったのか。そこそこ柔軟性があったから、大丈夫かなと思ってたんだが…(^_^;)。

で、これを組み上げて動かしてみたんだが、やはり回転が上がったまま落ちてこなくなる現象が解消できなかった。ただ、以前よりは間違いなく落ちてきやすくはなった。

で、ちょっと調整していてあるコトに気づいた。アイドリングがキープできなくなるぐらいにスロットルプーリーの調整ネジを緩めると、まだ少し引っかかるものの、とりあえず落ちてくるようにはなった。しかし、その状態ではアイドリングが維持できず、エンストしやすい。そこでパイロットを調整して落ち着けることが可能か実験したのだが、ここでさらに発見…右のパイロット、ほとんど効いていない。左のパイロットをイジると確かにアイドリングが変化するのだが、右のパイロットを弄ってもほとんど変化しなかった…これってつまり、右のパイロット系のルートにまだ問題があって、実はスローではアイドリングできず、メインで無理矢理アイドリングさせてるのだというコトが推測できた。そりゃ回転落ちなくなるわ。

さすがにこの辺りはキャブボディ側の問題になってくるので、コレを洗浄するには時間がかかり過ぎるから今後の課題とし、キャブそのものを交換する方針に切り替えた。

で、発注したキャブが到着。色々眺めてみるが明らかに色々怪しい(笑)。なお、メインジェットにはケイヒンっぽい刻印と共に「#87」の文字が…そんな設定、見たことないぞ(^_^;)。
(#88なら普通に存在する)

で、コレを実際に単車に取り付けてみた。もう手順は慣れたもの(笑)。なお、今後の作業のためフロートチャンバーの固定ネジだけ六角ボタンボルトに変更してある。

一応、まずはデフォのメインジェットの状態で動かしてみた…あまりに呆気ないほど簡単に起動したで(^_^;)。アイドリングも安定しとるし、スロットルひねれば普通に上がり、戻せば普通に戻る。さすがにメインジェットが小さすぎるのか上はあまり回らなかったが、本当になんの問題もなく普通に使える…。

これには流石に感心したね。実に素晴らしい。よく出来てると思うよ。あとは耐久性やな。

で、一応確認できたトコロでメインジェットを交換すべくフロートチャンバーを下から外そうとしたら、手持ちのドライバビットが入らないコトが発覚(爆)。うん、今日の作業はここまで。あとは工具が来てからにしよう(^_^;)。

(継続中)

Zak について

基本的にヲタクです。いや、別に萌えとかいうのではなく、ハマるとトコトン進めようとする癖があるので、自制が必要だという…。
カテゴリー: CB-T, 乗り物, 単車 パーマリンク