CB125Tのタイヤ考察(継続中)

車体がだいぶ出来上がってきたので、そろそろタイヤに関しても検討を始めるコトにする。

現在取り付けられているタイヤはダンロップのTT100で、実はヲイラはこのタイヤに関しては悪い思い出しかない上に、後のタイヤはすでにヒビ割れてるので、とっとと交換しなければならないのよな。で、まず本来のスペックを確認してみる。

  • フロント:3.00−18 4PR/47P K527A
  • フロントリム幅:1.85
  • リア:3.25−18 4PR/52P K527
  • リアリム幅:2.15

どっちもダンロップのデフォルト用のタイヤである。が、ヲイラは個人的にブリジストン派なので、これに該当する奴をさがしてみる。

まずタイヤの外径サイズを計算する。するとフロントが609.6mm、リアが622.3mmと計算される。どちらのタイヤも、カタログ上の標準リムサイズで設定されてるので、このまんまで考えて問題はなかろう。

次にブリジストンでソレっぽい候補を見る。当然ツーリング用だが、少しはスポーツ側の性能も欲しいので、BT45あたりかな。サイズ表を見ると100/80−18が617mm、110/80−18が634mmらしい。リアはサスアームとの干渉が気になるし、フロントは速度計の誤差の問題が気になる。まぁ、そっちは1.2%程の差でしかないが、遅く表示されちゃうのがね(笑)。

ちなみに、巷で見かける例としてフロントには90/90−18があるみたいなんだけど、一覧表で見る限り実は外径がデカい。ただ、リムの標準値から考えると、1.85のリムに入れた場合には変わらないのかもしれない。

  • F用:BT45 100/80−18 M/C 53H TL 直径617mm 幅100mm リム標準2.50
  • F用:BT45 90/90−18 M/C 51H TL 直径622mm 幅89mmリム標準2.15
  • R用:BT45 110/80-18 M/C 58H TL 直径634mm 幅110mmリム標準2.50

こりゃ、どっかで中古タイヤを探してきて一度実験したほうがイイかしら…それとも、もう少し巷の実例を探しましょうかねぇ。

(継続中)

Zak について

基本的にヲタクです。いや、別に萌えとかいうのではなく、ハマるとトコトン進めようとする癖があるので、自制が必要だという…。
カテゴリー: CB-T, なんか作る, メカ, 乗り物, 単車 パーマリンク